YOSHINDO GENERIC MEDICINE

陽進堂のジェネリック医薬品

原薬レベルから
高い品質保証ができるのが、
陽進堂のジェネリック医薬品です。

陽進堂のジェネリック医薬品は、主成分である原薬を、自社の原薬工場でつくるところから始まります。つまり、私たちがお届けするジェリック医薬品は、原薬から製剤までの一貫生産で、より高い品質保証ができるのが最大の特徴です。新薬と同等な安全性・有効性を有し、医師が患者様に自信を持って処方できる、高品質で信頼性が高い、低価格のジェネリック医薬品製造。つねに最新鋭の設備での一貫生産体制、より高い品質保証、安全管理体制を整えています。人々の健康と社会に貢献する製薬企業として、たゆまぬ努力をつづけています。

陽進堂のジェネリック医薬品の
一貫生産体制とは

1. 研究開発

原薬合成法確立・製剤試作

原薬レベルから、
最終製剤までの高い品質保証。

原薬の開発から実生産まで一貫した研究開発で、生産部門と積極的に情報交換。
スピード感のある高品質・高効率な開発と生産が可能です。

2. 原薬の製造

反応・晶石・分離

安心・安全を守る
最新鋭の原薬工場。

最新鋭の原薬工場では、差圧管理などで異物混入を徹底的に排除するほか、粉塵爆発予防設備を充実。
DCS(Distributed Control System:分散制御システム)の導入で作業の効率化も実現しています。

3. 製剤

秤量・造粒・混合・打錠・検査

高い生産性で、
多様な剤形ニーズに対応します。

最新鋭の技術を集約した、高い生産性と安定供給を実現する製剤工場。
大量受注、多品種小ロット、多様な剤形ニーズに対応可能です。

4. 包装

充填・包装

高レベルでの自動運転で、
より早く、安心を届けたい。

高性能の充填機、ラベラー、レーザー印字検査機、添付文書検査装置などを備え、
さらに「GSⅠコード」にも順次対応しています。

5. MR

医薬情報活動

人々の健康と社会に、
さらに貢献したい。

医薬品等の販売とより確かな情報提供、そして医療現場からのフィードバックを通して、
人々の健康と社会に貢献しています。